FC2ブログ

心理とは、自分でも見えぬもの

今日は六連殿の所から拾ってきた心理テストバトンに挑もう。
意外に変な当たり方するんじゃよなぁ…こういうの。
興味あるのか怖いのか、どう出ることやら…


■最初に回す人を五人

いつものように好きに持っていけぃっ!!

■次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です。
1.「しかし」
A.終わった訳ではない

最後まで、油断は禁物じゃ。

2.「やがて」
A.見えてくる

進んでいれば、いずれ…の。

3.「ただ」
A.自分らしくあるだけ

まあ、何を持ってらしさとするかじゃがの

4.「だって」
A.仕方ない
 
不可抗力…という時は得てしてあるものじゃ…

5.「そして」
A.全ては一つになる

意味はないが…そしてに続く言葉は少ない気が…

6.「水たまりは」
A.きらきら輝く

太陽を照り返すと、眩いものじゃ…そこ、子供っぽいとか言うでないわっ!?

7.「あの子って」
A.どんな子なの?

まあ、あの子というからには親しくない相手をさしておる、のかのぅ?

8.「今日の私は」
A.なんでも出来る気がする

そう言われたら、強気な事を言ってしまうのぅ

9.「すこしは」
A.前に進めているのだろうか

不安は常にある。だからこそ確かな手応えが欲しいのじゃ。

10.「涙は」
A.見せぬっ!!

何というか…余は弱みは見せたくないのじゃよ…



まだバトンをやってない者はこの先禁止じゃ。
回答をみては、つまらぬからの。

結果は以下
1.『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
 つまり、この後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。

…これは、前向きなのか過去にしがみついてるのかよく分からんな…
まぁ諦めの悪い事はなんとなく分かるが、の

2.『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
 あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。

見えて…?まあ、見えてはおるが…先行き良いのか悪いのか、まったくわからんな…これ

3.『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、
 非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので、
 『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。

一人であろうと、自分らしく…か。これは、胸張れるのかのぅ?

4.『だって』はもちろん言い訳をする時の常套句です。
 あなたが言い訳する時、あなたが知らず知らずの内に自分の欠点を語っているのです。
 実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです

仕方ない…か。言い訳じゃのぅ、紛う事なき。

5.『そして』は現状を受けて、その延長線上に
 『あなたの老後』がここに映し出されています

…全てが一つに?上手く纏まった、と解釈すべきか…?無駄にならず実を結ぶ、だと良いのじゃが。

6.『水たまり』というのは真実を写す鏡の象徴でもあります。
 水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。

がはっ!?(吐血)な、なんじゃこれはっ!?……ノーコメントっ!!(赤面)

7.『あの子』これは他人を指す言葉ですね。他人に対する言葉は
 裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
 自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、
 これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。

これは…理解不能じゃのぅ。余は、常に自分がどんななのか問うているのか…?むぅ…余はミステリアスに見られたい…?

8.『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。
 でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
 ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。

なんとっ!?まあ、そうじゃよなぁ…余がそんな事言う時は大抵無理してるか、もう無我夢中にテンション上がってる時じゃろうからのぅ…

9.『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと、
 自分を叱咤激励するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、
 あなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。

まあ、これはその通りじゃの。不安ながら少しでも進みたい。これは常に心がけておるから、今年のだけではないがの。

10.『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
 大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。

ま、また痛いのが来たのぅ…ああそうじゃ!余は辛かろうが嬉しかろうが涙は見せぬっ!!


くぅ……思った以上に地雷が多いの、これっ!?
まあ、否定できぬのも多いこと多いこと……
ともあれ、これで以上じゃ!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント