FC2ブログ

事実と真実は、常に同じとは限らぬの

タイトルに深い意味なぞ無いのはいつもの事じゃな。
さて今日は、白霄院珠玖伽殿から回ってきた『容疑者バトン』。
まあ、やってなくても疑われるのはよくある事じゃのぅ。
ついでにリンクも結んで追加しておくのじゃ。

≪容疑者バトン≫


「誰だお前は!?」
人に尋ねる前に名乗らぬかっ、無礼者!!

「そこで何をしている!?」
くつろいでおる所だったのじゃが?

「お前の右手に持っているものは何だ!?」
扇子じゃな。大体、常に手にしておるかのぅ。

「誰を狙っている!?」
生憎と余は専守防衛なのでな。狙われる事はあっても狙う事はないの。

「行きたい場所はどこだ!?」
そうじゃな…静かな自然の風景を楽しめる所かの。温泉でもあればなおよし、じゃな。

「他に要求があるなら言いなさい!!」
むぅ……できれば、もう少し積極的になれればよいと…(ごにょごにょ

「本当にそれでいいんだな!?」
改めて聞くでない!?恥ずかしさ倍増じゃろうが!?

「お前の人生の目標は何だ!?」
人生の、ではないが並びたい者がおるのでな。まずは追いつく所から目標じゃな。

「なんだと!?それを達成するための努力はしているのか!?」
一日にして成らず、ではあるが着実に前へ進む努力は欠かしておらぬ。

「そうか…。」
先は長いが、追いかけてる事も生きがいとなるし悪い事ではないの(苦笑

「お前の横に何がある?」
まだ追いつけぬ故に、横は少し寂しいかもしれぬの。

「では、お前の一番近いコンビニは何だ?」
ファミリーマート、かのぅ。反対方向の同距離にセブンもあるが、☆補充もあってそちらに行っておる。

「よし、落ち着け。お前…豚丼でも食べるか?」
失敬な、落ち着いておるし食い物で釣られる訳もないわ!?

「では、最後に合い言葉を言え!!」
『秋葉原には』『飯屋が少ない』……いや、友人間で一時期流行ったのじゃよ、これ。

「違ーう!!やっぱりお前が犯人か!!即座に仲間の名前を四人あげたまえ!!」
結局か!?……仲間、のぅ。

仲間であり恋人:高杉・有理

仲間であり親友:エチカ・ハパル

仲間であり好敵手:ヨハネス・ヴォルフ

仲間であり悪友:詩刻・仄水殿


まあこんなところじゃな。
珠玖伽殿も言っておったが、何の容疑だったんじゃろ……これ?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント